厚生労働省 肝炎総合対策推進国民運動事業

肝炎データベース

日本の肝炎問題の現状

B型肝炎、C型肝炎の受検率

最新の厚労省の調査で、本人の自覚的な受検と無自覚的な受検を併せると国民の半数が肝炎ウイルス検査を受けていることが判明しました。

B型肝炎検査の受検率

検査を受けていない理由はどのような理由からですか?

検査を受けていない理由には「きっかけがなかった」「健診メニューになかった」との声が多く挙がっています。逆にいえば、「機会があれば受けていた」という潜在層が多く存在することが示唆されます。

検査を受けていない理由

今後、機会があれば検査を受けてみたいと思いますか?

検査をまだ受けていない人の7割が「機会があれば検査を受けてみたい」と答えています。

受検意向の割合

肝炎ウイルス検査の普及啓発に向けた取組みのうち、ご存じのものはありますか?

国民の46%が検査の普及啓発の取組みを全く知らないと答えています。「検査機会の創出」にはよりインパクトのある普及啓発活動が欠かせません。

啓発施策の認知率
▲ページトップへ