厚生労働省 肝炎総合対策推進国民運動事業

活動報告

スペシャルサポーター平松政次さん 岡山市表敬訪問

2015.08.21

厚生労働省の「知って、肝炎プロジェクト」のスペシャルサポーターを務める元プロ野球選手の平松政次さん(岡山県出身)が岡山市を表敬訪問し、肝炎検査の推進、肝炎ウイルス陽性者の早期の治療開始を訴えました。

開催場所:岡山市役所本庁舎3階 市長室

開催日時:2015年8月21日(金)

平松さんは、肝炎の正しい知識の普及や肝炎ウイルス検査の必要性を呼び掛けました。
また、自覚症状がないため陽性であることを知っていても治療を開始しない方々に対して、「早期の専門医への受診とC型肝炎に関しては副作用がほとんど無い飲み薬の治療が始まっている。」と強調しました。
大森市長からは、「肝炎に関する正しい知識を一緒に広めたい。」とのお答えがありました。
平松さんは、市内で開催されたイベント「無料肝炎検査キャンペーン2015(主催:岡山大学病院)」のパネルディスカッションにも参加され、肝炎に関する啓発活動をされました。

150821-02

▲ページトップへ