厚生労働省 肝炎総合対策推進国民運動事業

活動報告

「知って、肝炎プロジェクト」スペシャルサポーター AKB48の木﨑ゆりあ氏が愛知県を表敬訪問

2016.09.02

厚生労働省「知って、肝炎プロジェクト」のスペシャルサポーターを務めるAKB48の木﨑ゆりあ氏が愛知県庁を表敬訪問し、肝炎ウイルス検査の受検、肝炎の早期発見・早期治療を呼び掛けました。


開催場所:愛知県公館
開催日時:2016年9月2日(金)
木﨑さんは、「肝炎ウィルス検査は採血だけで簡単にわかります。
私も検査を受けたのですが、検査は思ったよりも簡単でしたし、検査結果がわかるととても安心します。
愛知県の皆さんも、大切な家族や友人と肝炎ウィルス検査を受けていただきたいと思います。」と検査および早期発見の重要性を訴え、大村知事からは「愛知県は、県内4ヵ所の肝疾患拠点病院、228ヵ所の肝疾患専門医療機関を指定し肝炎対策に取り組んでおります。
しかし、肝炎に関する県民の認識は低いと感じておりますので、早期発見早期治療の大切さを多くの県民に伝えていきたいと思います。
また、最近では副作用の少ない薬も開発され、治療可能な病気になったと伺っております。
このような、肝炎に関する知識もPRしていきたいと思っております。」と県での取り組みを説明され、肝炎対策を一層推進していく旨を述べられました。




▲ページトップへ