ご挨拶

このたび、厚生労働省より肝炎対策国民運動 特別参与を任命されました。世界には肝炎の患者が5億人以上いると言われており、そのうちの50%以上がアジアに集中していると言われています。

そこで、日本がリーダーシップをとって肝炎対策に取り組み、「正しい知識の普及」と「差別・偏見の解消」、「肝炎予防の推進を図る」ことが求められています。

このたびの役職を受け、少しでも多くの方に肝炎とは何か、また、国の肝炎対策への取り組みを知っていただくため、微力ながらもお手伝いをさせていただきます。

まずは、あなたの身近な方に「肝炎の検査を受けたことある?」と聞いてみてください。そしてあなたも是非、検査を受けてください。肝炎ウィルスがいなければ安心できますし、例えいたとしても、早期発見であれば治療によって高い確率でウイルスの排除ができます。これを放っておいたら、肝臓がんや肝硬変になり、直すのが難しくなってしまいます。

皆様、是非、検査に行って、健康な未来を築いてください。

2012年7月18日
厚生労働省 肝炎対策国民運動 特別参与
杉 良太郎

厚生労働省 肝炎総合対策推進 国民運動 特別参与 杉 良太郎
厚生労働省 肝炎対策
国民運動 特別参与
杉 良太郎