厚生労働省 肝炎総合対策推進国民運動事業

活動報告

スペシャルサポーター 仁志敏久さん 茨城県表敬訪問

2015.11.26

厚生労働省「知って、肝炎プロジェクト」のスペシャルサポーターを務める元プロ野球選手の仁志敏久さんが故郷の茨城県を表敬訪問し、橋本知事に肝炎の正しい理解や肝炎ウイルス検査の呼び掛けを訴えました。

開催場所:茨城県知事応接室

開催日時:2015年11月26日(木)

仁志さんは、「家族や友人が肝炎治療を続けながら生活する姿を見てきました。今は肝炎治療も進歩し、特にC型肝炎は副作用の少ない飲み薬で治療が可能になったので、一度は検査をしてください。万が一陽性の場合は専門医による早期治療を。」と語られました。
橋本知事は、「積極的な肝炎ウイルス検査受検のPRに力を入れていきたいと。」答えられました。

151126_2-02

▲ページトップへ