厚生労働省 肝炎総合対策推進国民運動事業

活動報告

日経健康セミナー21スペシャル「戦略的健康管理が会社を変える!~経営メリットを肝炎対策により検証する~」の報告記事を日本経済新聞に掲載しました。

2015.11.27

10月14日に大阪市で開催したセミナーでは肝炎の早期発見・治療が企業の健康経営を実現することをテーマにして基調講演、パネルディスカッションを行い健康診断における肝炎検査の導入を訴えました。
肝炎対策広報大使の徳光和夫氏とスペシャルサポーターの堀内孝雄氏によるスペシャルトーク「その大丈夫が、心配なんだ」において、堀内氏はご自身のC型肝炎の治療経験から早期発見、早期治療の大切さを語りました。
セミナーの内容は下記のPDFよりご覧いただけます。

PDF
▲ページトップへ