厚生労働省 肝炎総合対策推進国民運動事業

活動報告

スペシャルサポーター コロッケさん 千葉県市川市表敬訪問

2016.02.05

厚生労働省「知って、肝炎プロジェクト」のスペシャルサポーターを務めるコロッケさんが市川市を表敬訪問し、大久保市長に肝炎検査の推進、肝炎ウイルス陽性者の早期の治療開始を訴えました。

開催場所:市川市役所市長室

開催日時:2016年2月5日(金)

コロッケさんは、「自分の命は自分自身で守るために検査を受けていただく。」などの杉特別参与のメッセージを伝えました。コロッケさんはものまねを交えながら「検査を受け早期発見できれば、早期に直せます。」「肝臓は自覚症状が出にくい物言わぬ臓器です。家族や友人、会社のためにも検査を受けてほしい。」と訴えました。大久保市長は、「肝炎検査を受けていないので、これを機会に受検します。」と答えられました。

160205-02

▲ページトップへ