厚生労働省 肝炎総合対策推進国民運動事業

活動報告

スペシャルサポーター 小橋建太さん 武雄市表敬訪問

2016.06.19

厚生労働省「知って、肝炎プロジェクト」のスペシャルサポーターを務める小橋建太さんが佐賀県武雄市を表敬訪問し、肝炎の早期発見・早期治療について、武雄市に更なる協力を呼び掛けました。

開催場所:武雄市図書館 メディアホール

開催日時:2016年6月19日(日)

小橋さんは、肝炎の早期発見・早期治療について、武雄市に更なる協力を求める旨が述べられました。続いて、武雄市の小松政(こまつただし)市長から「佐賀県は10万人あたりの肝がんでの死亡率が13年連続でワースト1位です。そのため佐賀県では、県をあげて、肝炎対策を行っています。小橋さんが来て下さり、本当に力強い後押しを頂けたと思っております。 」と感謝の言葉が述べられました。

その後、肝炎ウイルス検査ブースの表敬も実施し、小橋さん自ら、ブースのスタッフに声をかけるとともにチラシを配布し、検査の参加を呼びかけました。当日は、佐賀県肝炎対策キャラクター「肝ちゃん」も登場し、肝炎ウィルス検査の重要性を訴えました。

160619-02 160619-03

▲ページトップへ