厚生労働省 肝炎総合対策推進国民運動事業

活動報告

26組が「知って、肝炎プロジェクト」の大使・スペシャルサポーターに就任
「知って、肝炎プロジェクトミーティング2016」開催

2016.07.26

2016年7月26日(火)に「知って、肝炎プロジェクトミーティング2016」を開催され、総勢22名の「知って肝炎プロジェクト」実行委員会の大使、スペシャルサポーターが登壇。



厚生労働省健康局長より任命書の交付が行われ、スペシャルサポーター任命書を交付された伍代夏子氏は、「少しずつ肝炎という病気に皆様に関心を持って頂いているように感じております。これからも早期発見の重要性を訴えて、啓発活動にいそしみたいと思います。」と任命への強い決意を語った。



さらに7月28日(木)の世界肝炎デーに向けて、小室哲哉氏が手掛けた当プロジェクトのテーマソング「笑顔の明日(えがおのあした)」が初お披露目され、制作をされた小室氏は、「皆さん音楽がお好きなんだということがこの曲を通じて改めてわかりました。
音楽家として参加させていただいているので、音楽の力を信じたいと思います。」とテーマソングに対しての期待を語った。

▲ページトップへ