厚生労働省 肝炎総合対策推進国民運動事業

活動報告

「知って、肝炎プロジェクト」スペシャルサポーター 上原多香子氏が富山県を表敬訪問

2016.08.23

厚生労働省「知って、肝炎プロジェクト」のスペシャルサポーターを務める歌手・女優・タレントの上原多香子氏が富山県庁を表敬訪問し、肝炎ウイルス検査の受検、肝炎の早期発見・早期治療を呼び掛けました。



開催場所:富山県庁
開催日時:2016年8月23日(火)
上原さんは、「肝炎ウィルス検査は採血だけで簡単にできます。富山県の皆さんも、是非検査を受けてください。肝炎は早期治療・早期発見が大事です。自分の命は自分で守る、そして周りの大切な人たちにも肝炎ウィルス検査を伝えてください。」と検査および早期発見の重要性を訴え、石井知事からは「富山県は、ショッピングセンターなどアクセスしやすい場所で、肝炎ウィルス検査ができるように取り組んでおります。
しかし、肝炎に対する県民の認識は低いと感じております。これを機に、県民に肝炎について知ってもらえるようPRして参ります。」と県での取り組みを説明され、肝炎対策を一層推進していく旨を述べられました。
2人は身体の体調管理方法や、清水氏についてはセカンドキャリアとして開院している札幌の治療院について、自身が気管支炎という病気を患いながらも諦めずにスポーツを行い病気を克服した事を語った他、「肝炎スペシャルサポーター」として「肝炎ウイルスの検査の輪を広めていきたい」と語り、検査の必要性・早期発見、治療の重要性を訴えかけた。

▲ページトップへ