厚生労働省 肝炎総合対策推進国民運動事業

活動報告

AKB48、サガン鳥栖 豊田陽平氏、文化祭に“サプライズ訪問”中高生へ肝炎ウィルス検査 啓発

2016.09.04

2016年9月4日(日)、知って肝炎 スペシャルサポーター のAKB48の大家志津香氏・木﨑ゆりあ氏・矢吹奈子氏と、サガン鳥栖 豊田陽平氏が学校法人松尾学園 弘学館中学校・高等学校の文化祭サプライズで訪問しました。
「知って肝炎プロジェクト」では2016年度より肝がん死亡率が高い佐賀県を中心に広報活動を行う、集中広報都市「佐賀」を展開しており、その一環として実現した企画となります。

当日は文化祭の閉会式の中で「知って、肝炎プロジェクト」スペシャルサポーターの4名がサプライズで登場。

生徒から大きな歓声と拍手があがりました。豊田氏から、「皆さんに肝炎のことを知ってもらい、家族や周りの人と一緒に検査を受けてもらうことを目的に活動をしています。」とプロジェクト概要が伝えられ、AKB48からは、「佐賀県が肝がん死亡率が全国的に見ても高い地域です。
20歳以上の佐賀県民の方は、初回の肝炎ウィルス検査を無料で受けることができるので、大切な人と一緒に検査を受けて下さい。」と佐賀県民へ向けて肝炎ウィルス検査を促していました。

今回文化祭をサプライズ訪問したスペシャルサポーター



文化祭内に展示された肝炎ブースで生徒たちと記念写真


文化祭内ブースをサプライズで訪れたサポーターメンバー。
生徒たちは完成を上げて喜んでいました。




また、併せて本プロジェクトが弘学館と協力し出展した「知って、肝炎プロジェクト」ブースに、スペシャルサポーターも訪問。
ブースの片づけを行っていた生徒たちは、突然現れたサポーターにビックリ!
そんな生徒たちに豊田氏は「今日は肝炎検査の啓発活動を手伝ってくれて、ありがとう!」と声をかけると、生徒は嬉しそうな表情。
最後に生徒たちとの記念撮影を行い、和やかな雰囲気の元サプライズ訪問は終了しました。




▲ページトップへ