厚生労働省 肝炎総合対策推進国民運動事業

活動報告

スペシャルサポーター清水 宏保氏が「感染研一般公開」を訪問

2017.09.30

この度、厚生労働省 肝炎総合対策推進国民運動「知って、肝炎プロジェクト」のスペシャルサポーターで、元スピードスケート選手の清水 宏保氏は、9月30日(土)に厚生労働省国立感染症研究所で開催された「感染研一般公開」を訪問し啓発活動を行いました。



開催場所:厚生労働省 国立感染症研究所
開催日時:2017年9月30日(土)

当日は、立ち見が出る程の多くの方にご参加いただき、感染研Tシャツを着用した清水氏と国立感染研究所 副所長の脇田 隆字氏、日本で唯一の臓器のゆるキャラ「肝ちゃん」の3名でイベントを進行しました。まずは清水氏に本プロジェクトに参画した理由をお話しいただきました。清水氏は自身のぜんそくを患っていた経験を踏まえ、「病気と向き合うことが大切だと感じてます。肝炎もまずは知っていただくことが必要だと感じ、本プロジェクトに参加させていただきました。肝炎の治療は劇的に進歩していることを多くの方に今後も伝えたいと思います。」と語りました。





▲ページトップへ