厚生労働省 肝炎総合対策推進国民運動事業

活動報告

スペシャルサポーター 山川 豊氏が滋賀県を表敬訪問

2018.01.16

この度、厚生労働省 肝炎総合対策推進国民運動「知って、肝炎プロジェクト」のスペシャルサポーター 山川 豊氏が、1月16日(火)に滋賀県を表敬訪問し肝炎に関する啓発活動を行いました。



開催場所:滋賀県庁
開催日時:2018年1月16日(火)

当日は挨拶の後、山川氏、三日月滋賀県知事、出席者との懇談を行いました。山川氏は、同プロジェクト肝炎対策 特別大使 伍代 夏子氏がC型肝炎の治療を行っていた時を振り返り、「治療中は副作用が強く、とてもつらい思いをしたと話を伺っています。伍代さんだけではなく、私の友人もインターフェロン治療の副作用に苦しんでいる様子を見てきましたが、現在は治療法が改善され、(C型肝炎は)飲み薬だけで治る時代になりました。肝臓は沈黙の臓器。検査を怖いと思わず、肝炎ウイルス検査を受検してください」と呼びかけました。





▲ページトップへ