厚生労働省 肝炎総合対策推進国民運動事業

活動報告

スペシャルサポーターの仁志敏久氏が神奈川県を表敬訪問

2018.8.27

この度、厚生労働省 肝炎総合対策推進国民運動「知って、肝炎プロジェクト」は、スペシャルサポーター 仁志 敏久氏が8月27日(月)に神奈川県庁を表敬訪問し肝炎に関する啓発活動を行いました。



開催場所:神奈川県庁
開催日時:2018年8月27日(月)

当日は挨拶の後、仁志氏、神奈川県黒岩知事、ならびに出席者との懇談を行いました。仁志氏は「肝炎は採血だけの簡単な検査でわかります。今は、C型肝炎は飲み薬だけで治療できる時代になりましたし、治療法も進歩しています。早期発見・早期治療が大切ですので、多くの方にまずは肝炎という病気を知ってもらって検査を受検して欲しいですね」と述べました。




▲ページトップへ