厚生労働省 肝炎総合対策推進国民運動事業

活動報告

肝炎対策特別大使 伍代 夏子氏が富山県を表敬訪問

2018.11.15

この度、厚生労働省 肝炎総合対策推進国民運動「知って、肝炎プロジェクト」は、肝炎対策特別大使 伍代 夏子氏が11月15日(木)に富山県を表敬訪問し肝炎に関する啓発活動を行いました。



開催場所:富山県庁
開催日時:2018年11月15日(木)

当日は、石井知事をはじめ、参加者と富山県の肝炎対策についての懇談を行いました。伍代氏は、ご自身の体験から「当時C型肝炎は知らない病気でとても大変でした。感染はまったく身に覚えがありませんでしたが、爆弾をかかえているようでした。経験を踏まえて言えることは、放置するととても怖い病気なのでとにかく早く検診を受けてほしいということです。」と強くお話しされました。


▲ページトップへ