厚生労働省

知って、肝炎

活動報告

2022.07.25知って、肝炎プロジェクト 世界・日本肝炎デー2022 「肝炎対策事業功労者厚生労働大臣表彰」表彰式を開催 肝炎のない世界を目指して、さらなる肝炎対策事業の推進を決意

「知って、肝炎プロジェクト」は、2012年より、肝炎に関する知識や肝炎ウイルス検査の必要性を分かりやすく伝え、あらゆる国民が肝炎に対する正しい知識を持ち、早期発見・早期治療に向けて自ら積極的に行動していくことを目的として活動しております。
厚生労働省では、世界肝炎デーと同日である7月28日を日本肝炎デーと定めており、この日を含む7月25日(月)~7月31日(日)を、肝臓週間として、全国で肝炎に関する普及啓発活動が行われております。
その一環として、7月25日(月)に「知って、肝炎プロジェクト 世界・日本肝炎デー 2022」が開催され、厚生労働省 健康行政特別参与 杉良太郎氏や、肝炎対策特別大使 伍代夏子氏をはじめとする計4組の大使・スペシャルサポーターが出演しました。
イベントでは、これまで多年にわたり肝炎対策及び健康行政に献身的活動を続けている大使・スペシャルサポーターに”肝炎対策事業功労者厚生労働大臣表彰”が贈られ、これまでを振り返り、そしてこれからの肝炎対策の啓発に向けて決意表明をしていただきました。

“肝炎対策事業功労者厚生労働大臣表彰”は、肝炎対策特別大使の伍代夏子氏、スペシャルサポーターの瀬川瑛子氏、EXILE HIRO氏・TETSUYA氏、AKB48 向井地美音氏に対して、贈られました。

【イベントレポート】

■杉特別参与 「“他人事”の壁を乗り越えて、振り向いてもらえるように声を届けたい。」
杉特別参与は、今回の大使・スペシャルサポーターの受賞における感想を聞かれると、「肝炎という病気は、国民の皆さんになかなか自分事として捉えてもらえない実情があり、治療薬も進歩してきているのにも関わらず、なかなか肝炎ウイルス検査を受けていただけない課題があります。
そんな難しい啓発の中で大使・スペシャルサポーターの皆さんには、(今年を含めて)11年もの間、活動を続けていただいたことに、心より御礼を申し上げたいです。」と感謝の意を述べました。

また、プロジェクトとして今後取り組んでいきたい施策について聞かれると、「中学校・高校へ行き、学生の皆さんに肝炎の知識や肝炎ウイルス検査の重要性について知ってもらい、さらにご自身の家族に伝えてもらえるような取り組みに注力していきたい」と、今後の熱い想いについて話しました。

■伍代氏「無症状でも肝炎ウイルス検査にいってもらえるように、地道な啓発活動を続けていきたいです。」
伍代氏は、「肝炎という病気は無症状で進行していくことから、なかなか病院で検査をしようという気持ちにならないのだろうなと思います。そこをなんとか、検査に行ってもらえるように、そして肝炎という病気を知ってもらえるように、これからも地道に、啓発活動を続けていきたいと思います。」と伝えました。

■瀬川氏「人生100年、皆さんに長く元気でいてもらえるために力になりたいです。」
瀬川氏は、「病気の症状が出れば、検査に行こうかなという気になるかと思うのですが、なかなか病院にいくというのは、敷居も高いのかと思います。
しかし、人生100年と言われる中で、せめて生きているうちは元気でいていただきたい。その為にも、もっと多くの方に肝炎のことを知っていただき、みなさんの健康のために力になれたらと思います。」と強く語りました。

■EXILE HIRO氏 「EXILE TRIBE全体で、肝炎の啓発活動を推進していきます。」
「知って、肝炎プロジェクト」では、これまでEXILEの皆さんにスペシャルサポーターとして活動いただいておりましたが、今年度より”EXILE TRIBE”として、EXILEをはじめとする関連グループ全てのメンバーに参加いただくこととなりました。
EXILE HIRO氏は、「2012年に杉特別参与に声をかけていただいて、スペシャルサポーターとして10年が経ちますが、改めて、肝炎という病気には早期発見・早期治療を行っていくことが重要なのだと感じました。これまではEXILEとして肝炎の啓発活動をしていましたが、今後はEXILE TRIBE全体として活動を推進していきます。10代のメンバーもいますから、より幅広い世代の方々に肝炎について知ってもらえるように、力を注いでいきたいです。」と、今後、より一層力を入れて活動をしていくことを表明しました。

■EXILE TETSUYA氏「ダンスを通じた健康づくりで、プロジェクトを盛り上げていきたい。」
EXILE TETSUYA氏は、「今回の受賞に対して、EXILEメンバー全員喜んでおりますし、これからも気を引き締めて、このプロジェクトに携わっていきたいと思います。」と受賞の喜びを伝えました。
また、厚生労働省 健康クリエイターも務めるTETSUYA氏は、「健康クリエイターとして、杉特別参与が進めている”47都道府県に高齢者のダンスチームを作る”という想いにもとても共感しています。『知って、肝炎プロジェクト』と同時に『健康一番プロジェクト』も盛り上げられるように頑張ります。」と、これからの意気込みについて語りました。

■AKB48 向井地美音氏「若い世代が中心となって、家族に肝炎ウイルス検査を勧めてほしい。」
向井地氏は、「私自身がAKB48に加入する前の、先輩たちの代から、スペシャルサポーターに携わらせていただき、学園祭やSNSでの広報活動だったり、若い世代を中心に広報活動をさせていただきました。しかし、まだまだ若い方々には、肝炎という病気を他人事のように捉えてしまう方が多いのではないかと課題を感じています。 今後は、子供たちが中心となって、親世代・おじいちゃん・おばあちゃんに肝炎ウイルス検査を勧めてもらいたいです。そのきっかけづくりを私たちAKB48がつくれるように、今後も広報活動を進めていきたいと思います。」と想いを述べました。

■新スペシャルサポーターに、朝日 奈央氏・野呂 佳代氏が就任
イベントでは、 7月22日(金)より 「知って、肝炎プロジェクト」のスペシャルサポーターとして、朝日 奈央氏と野呂 佳代氏が就任されたことも発表しました。お2人には、肝炎に関する正しい知識や、肝炎ウイルス検査の重要性についてより多くの方々に知ってもらう為に、今後の広報活動にご協力いただく予定です。

■開催概要
催事名:知って、肝炎プロジェクト 世界・日本肝炎デー 2022
日時:2022年7月25日(月)
開催場所:TOKYO FMホール
出席者:厚生労働大臣 後藤 茂之
厚生労働省 健康行政特別参与 杉 良太郎 氏
知って、肝炎プロジェクト 肝炎対策 特別大使 伍代 夏子 氏
知って、肝炎プロジェクト スペシャルサポーター 瀬川 瑛子 氏
          〃           EXILE HIRO 氏
          〃           EXILE TETSUYA 氏
          〃           AKB48 向井地 美音 氏

■ラジオ特別番組の放送
「知って、肝炎プロジェクト 世界・日本肝炎デー 2022」のイベントの模様や、出演者による座談会を、以下の番組にて放送予定です。是非、こちらの番組もご視聴ください。
※ラジオ特別番組の出演者は、イベント出演者と変更となる可能性がございます。
番組名:Tokyo FM「知って、肝炎プロジェクトPresents「真夏の健康対策会議」
日時:2022年8月7日(日)19:00~19:55